S&P:クレディセゾンをBBB+に格下げ、アウトルックはネガティブ

スタンダード&プアーズ(S&P) は26日、クレディセゾンの長期格付けを「BBB+」に1段階引き下げたと 発表した。不動産関連事業を担う連結子会社アトリウム(格付けなし) の資産劣化と大幅な業績悪化に伴い、連結ベースの資本基盤と収益性へ の下方圧力が強まっているとの判断に基づくとしている。長期発行体格 付けのアウトルックは「ネガティブ」であるとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE