アジア株:上昇、MSCI指数は強気相場入り-ハチソンが高い

26日のアジア株式相場は上昇。M SCIアジア太平洋指数は、このままいけば月間ベースでは1998年以 降で最大の上げとなりそうだ。米経済指標や香港ハチソン・ワンポアの 2008年通期純利益が市場予想を上回ったことに反応した。

MSCIアジア太平洋指数は今月9日に付けた5年ぶり安値から 21%上昇し、強気相場入りが示された。ソニーが高い。香港の資産家、 李嘉誠氏が経営する複合企業ハチソンも上昇。中国工商銀行(ICB C)は香港市場で大幅高となった。米ゴールドマン・サックス・グルー プが保有株の大半について、売却停止期間の終了を先送りすることで合 意したことが好感された。

岡三アセットマネジメントの伊藤嘉洋上席ストラテジストは、株 式相場は回復軌道に入ったと指摘。予想を上回る米経済指標は世界経済 の底入れを示唆しているとの見方を示した。また、各国政府の政策実施 で、金融危機に対する過度の懸念は後退しつつあると述べた。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後4時3分現在、前日比

1.4%高の85.51。月初からの上昇率は14%と、月間ベースでは98年 10月以来で最大の上げとなっている。日経平均株価は前日比156円34 銭(1.8%)高の8636円33銭で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE