富士電機とTDK:無停電電源装置事業で統合協議、10月に新会社(2)

富士電機ホールディングス(H D)とTDKは26日、無停電電源装置(UPS)事業の統合に向け協 議することで基本合意したと発表した。両社の事業を10月1日付で設 立する新会社に統合する。

統合は、富士電機HDの子会社である富士電機システムズ(FE S)と、TDKの子会社のTDKラムダ(TLJ)の事業を分割して、 FESの子会社、富士電機ハイテック(FH)を母体とした新会社に移 す形で行う。新会社にはFESが過半数を出資する。

前期(2008年3月期)の無停電電源装置の売上高はFESが約 120億円、TLJが約80億円で、両社はすでに製品を相互供給するな どの協力関係にある。FHは内部電源事業で同期に100億円を売り上 げている。

TDKは昨年3月にデンセイ・ラムダを完全子会社化し、TDKの 電源事業を移管し、商号もTDKラムダへ変更。世界シェアの拡大を目 指している。

--共同取材 沖本健四郎、中島三佳子、Editors: Masashi Hinoki Takeshi Awaji

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 谷合謙三 Kenzo Taniai +81-3-3201-8291 ktaniai@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net ソウル Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE