三菱UFJ、モルガン:日本の証券を来春統合へ-海外強化に意欲(4)

三菱UFJフィナンシャル・グル ープと米大手銀モルガン・スタンレーは26日、2010年3月末をめど に、日本で営業するそれぞれの傘下証券を経営統合すると発表した。三 菱UFJは投資銀行業務を得意とする米社との提携を通じて、野村ホー ルディングスなど内外の大手証券との競争力の強化を図る。

発表によると、統合するのは三菱UFJ証券とモルガン・スタンレ ー証券(日本法人)で、新会社には三菱UFJが60%、モルガンが 40%出資。社長は三菱UFJ、会長はモルガン側が指名する。具体的 な統合方法や新会社の詳細は今後詰める。

三菱UFJ「海外業務の提携、拡大」に意欲

三菱UFJは金融危機で経営難に陥ったモルガン本体に約9000億 円を出資しており、業務面での提携具体化の第一弾として日本の証券分 野での協力関係を構築することになる。今後、両社は国際業務などの観 点から、他の分野でも戦略的な提携を模索していく方針だ。

三菱UFJの畔柳信雄社長は、「当社の広い顧客基盤とモルガンの 投資銀行としてのノウハウで内外の顧客の要望にこたえたい」と、金融 商品販売や海外の事業金融での提携拡大などに意欲を見せた。一方、モ ルガンのワリッド・チャマー共同社長は、新会社は「日本を代表する投 資銀行を目指し、アジア、米欧での協業を検討する」と指摘した。

収益は野村HD、大和証券グループ本社の国内2大証券に次ぎ、 5月に誕生する新みずほ証証券や、米シティグループ傘下の証券会社 (2社合計)を上回る規模になる見込みだ。従業員数(08年3月末) は三菱UFJ証が約6500人、モルガンが約1400人。

--共同取材:日向貴彦、 河元伸吾 Editor:Kazu Hirano

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 谷口 崇子 Takako Taniguchi +81-3-3201-3048 ttaniguchi4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Philip Lagerkranser +8-52-2977-6626 lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE