麻生首相:株価対策は節度もってやらないといけない

麻生太郎首相は26日午後の参院 財政金融委員会で、株価対策について「基本的に株式は市場に任せて しかるべき種類のものだ。株価対策は節度を守ってやらないとえらい ことになる」としたうえで、「保有株の資産が下がり、銀行の自己資 本比率が下がり、金が貸せなくなる。これは経済全体を考える上で十 分配慮してしかるべきことだ。株価に対してはしかるべきことを考え ているのは事実だ」と語った。大塚耕平氏(民主)に対する答弁。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE