財務副大臣:何ら利益得ていないと辞任否定-チヨダウーテ株売却(2)

平田耕一財務副大臣は26日午後の 参院財政金融委員会で、自らが保有していたジャスダック上場の石膏 ボード製造チヨダウーテ(三重県四日市市、平田晴久社長)の大量の 株式を市場外取引で売却していた問題について「何ら私が利益を得る ものではない」述べた上で、辞任する考えがないことを表明した。大 久保勉(民主)らに対する答弁。

平田氏は株売却の経緯について、昨年9月の副大臣就任に伴い 2002年2月から04年5月まで代表取締役を務めた石油製品販売会社 「ゼロシステム」(三重県四日市市)の役員を辞任した際に、保有する チヨダウーテ株をゼロシステム社の名義にしてほしいと同社から依頼 されたと説明した。平田氏は1988年6月から95年5月まで、チヨダ ウーテ社の代表取締役も務めていた。

市場外取引で売却した理由については「これだけの数量は市場で 取引すべきではない。混乱をきたす」と釈明。市場価格のほぼ2倍と なる総額6億1600万円で売却したことに関しては、市場取引を下回る 「価格で売る気にならなかった」と述べるにとどめた。

また、在任期間中の大臣や副大臣らによる株取引の自粛を定めた 大臣規範に抵触するとして、大門実紀史氏(共産)が辞任する考えは ないかと質したのに対しては、「辞任する考えはない」と強調。株売却 で得た資金は「大半がゼロ社の貸付金として残っており、手元に来る わけではない」とし、「自らの取引がそう間違っているとは思わない」 と述べ、インサイダー取引の可能性についても否定した。

--共同取材:福田章人、山村敬一 Editor:Masaru Aoki,Hitoshi Ozawa

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 下土井京子 Kyoko Shimodoi +81-3-3201-3142 kshimodoi@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 David Tweed +81-3-3201-2494 dtweed@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE