米AIG幹部が公開書簡で辞任表明-「裏切られた」、賞与は寄付する

米政府の公的管理下にある保険大 手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の幹部1人 がエドワード・リディ最高経営責任者(CEO)にあてた書簡で「裏 切られた」との心情を吐露し、辞任を表明した。今月受け取ったボー ナス(賞与)は寄付するという。書簡は25日付の米紙ニューヨーク・ タイムズ(NYT)に掲載され、公開された。

この幹部はジェイク・デサンティス氏。自身をAIG金融商品部 門の商品向け事業開発担当責任者だとする同氏は書簡で、賞与を受け 取った従業員を「守ってもらえないことに失望し、いら立っている」 とし、今月16日に受け取った税引き後賞与74万2006.40ドル(約 7250万円)を「世界的な景気下降に苦しむ人々」に寄付する計画を 示した。

金融商品部門は巨額損失を計上し、AIG救済を余儀なくさせた セクション。同部門に関連する従業員に同社が総額1億6500万ドル の慰留ボーナスを今月支給したため、全米で怒りが爆発。オバマ米大 統領は「言語道断だ」と発言。リディCEOも18日、米下院金融委 員会の小委員会で、賞与の一部は「好ましくない」と証言して、賞与 の一部返還を従業員に求めた。

勤続11年のデサンティス氏は「金融商品部門のわれわれは、A IGに裏切られ、選挙で選ばれた当局者に不当に責められた。その憎 悪は強烈だ」と、リディCEOに24日送付した書簡に記した。また、 政府による救済後、同CEO同様に給与を年1ドルとすることに「義 務感から」合意したことも明らかにした。

デサンティス氏に連絡を試みたが、同氏のオフィスへの電話はA IGの広報担当クリスティーナ・プレット氏につながった。プレット 氏はリディCEOに代わって電子メールでの文書で、同CEOが「こ の書簡に示された不満を深く理解するとともに、AIG従業員にこの ところ向けられた悪口雑言を非常に不当だと思っている」とした上で、 金融部門の従業員は与えられた業務を遂行していると説明した。

*T

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE