韓国ハイニックス:今年の半導体メモリー供給の「大幅」減少を予想

世界2位の半導体メモリーメー カー、韓国ハイニックス半導体の金鍾甲最高経営責任者(CEO)は 26日、今年の半導体メモリーの供給が「大幅に」減少すると見込んで いることを明らかにした。

金CEOは年次株主総会で、「昨年10-12月(第4四半期)が 底だった可能性がある」と指摘。同社の事業は世界の半導体メモリー 需要が約8%減少するとの見通しに基づいているものの、「供給は大 幅に減少するだろう」と語った。

台湾最大手の力晶半導体もこれに先立ち、半導体メモリーの価格 低下をもたらした供給過剰が緩和されるとの予測を示している。同社 は25日、7-9月(第3四半期)までに供給不足に陥るとの見通し を明らかにした。

ハイニックスの株価はソウル時間午前11時5分(日本時間同じ) 現在、前日比12%高の11400ウォン。年初来では70%上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE