豪中銀:金融システムは大半の国より良好-金融安定化報告(2)

オーストラリア準備銀行(RB A)は26日公表した金融安定化報告書で、同国の金融機関について、 引き続き堅調な利益を計上していると指摘し、高リスク証券を大規模 に保有しておらず、他国の競合企業と同程度に融資基準を緩和してい ないと評価した。

RBAは年2回発表される報告書で、「豪州の金融システムは現 在の困難を乗り切る上で、他の多くの国々よりもかなり良い状況にあ る」との認識を示した。

報告書によると、ウエストパック銀行など豪銀大手5行の過去半 年間の税引き後株主資本利益率(ROE)は年率15%。ただ、景気 減速の影響で、不良債権関連費は53億豪ドルと、前年同期の14億 豪ドルから増加している。

マッコーリー・グループのシニアエコノミスト、ブライアン・レ ディカン氏(シドニー在勤)は、「他国の金融システムに比べ、豪州 は輝く光のようだ」述べ、RBAは「金融システムの弱さやもろさに 対し深刻な懸念を抱いていない」との見方を示した。

豪ドルは米ドルに対し、シドニー時間午前11時43分(日本時 間午前9時43分)現在、1豪ドル=0.6996米ドル。同報告発表前 は0.6995米ドルだった。ASX200指数は輸出と金融株を中心に上 昇し、前日比0.7%高の3633。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE