李嘉誠氏:中国が世界の回復けん引、投資家は株・不動産購入検討を

2007年の段階で中国の株式バブ ル崩壊を予見した香港の富豪、李嘉誠氏は26日、中国が世界経済の回 復をけん引するとの見方を示し、投資家が株と不動産の購入を検討すべ きだと語った。

アジア2位の資産家、李氏は香港で記者会見し、「中国経済は世界 も最も急速な回復を示すことになろう。米経済の回復も手遅れにはなら ないだろう」と指摘。「手元資金があれば、株式と不動産の購入を検討 できる」と述べた。同氏は、自身が経営するチョンコン・ホールディン グス(長江実業集団)とハチソン・ワンポアの決算発表後に語った。

米資産家バフェット氏が「オマハの賢人」と称されるのに対し、香 港のメディアは李氏を「スーパーマン」と呼ぶ。アジアの多くの投資家 が教えを請いにやってくるからだ。

一方、李氏ほど楽観的な見方をしていない一部の投資家は、李氏の チョンコンが集合住宅の在庫を抱えていると指摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE