IBM:約5000人削減へ、米国企業サービス部門が中心-関係者

コンピューターサービス最大手 の米IBMは、25、26の両日に計約5000人の人員削減を発表する 見通しだ。事情に詳しい関係者1人が明らかにした。

事情に詳しい関係者2人が匿名を条件に語ったところによれば、 企業サービス部門の米国の人員が主に影響を受ける。同部門は世界全 体でIBMの売上高の約5分の1を占めている。

リセッション(景気後退)に伴い人員削減を実施した米ソフトウ エア大手マイクロソフトや半導体大手インテルに続いて、IBMも1 月以降、既に少なくとも4000人を削減した。

従業員団体「アライアンス・フォー・IBM」提供の資料によれ ば、IBMはこれまでにソフトウエアやセールスなど他の部門の人員 を削減している。

25日の米株式市場でIBMの株価終値は前日比35セント安の

97.95ドル。年初来では16%上昇している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE