NY金:反発、ドルの代替投資先としての需要高まる-終値938ドル

ニューヨーク金先物相場は4営 業日ぶりに反発。ドルの下落を受けて代替投資先として金需要が高まる との憶測が広がった。

米連邦準備理事会(FRB)は6カ月続く最大3000億ドルの米 国債買い取りプログラムを開始、この日は総額75億ドルの米国債を買 い取った。主要6通貨のバスケットに対するICEのドル指数は低下。 一方、金連動型ETF(上場投資信託)としては最大の「SPDRゴー ルド・トラスト」の金保有量は1125トンと過去最高に達した。年初 来では44%増加している。

インテグレーテッド・ブローカレッジ・サービシズのヘッドディ ーラー、フランク・マギー氏(シカゴ在勤)は「FRBが金融システム にさらなる流動性を供給すれば、いずれドルは弱含み、金は上昇すると いうのが大局的な見方だ」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物相場4月限は前日比12ドル(1.3%)上げ、1オンス=938ドル。 年初来では6.1%の値上がり率となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE