NY原油(25日):反落、在庫積み上がりを嫌気-終値52.77ドル

ニューヨーク原油先物相場は反落。 需要低下で米国内の原油在庫が1993年以来の高水準に積み上がったこ とが売りを誘った。

エネルギー省が発表した統計によると、先週の原油在庫は330万 バレル増加し3億5660万バレル。ブルームバーグニュースがまとめた 調査では、増加幅は110万バレルと予想されていた。一方で、ヒーテ ィングオイルやディーゼル油などの留出油とガソリンの在庫は減少。製 油所の稼働率は低下した。

MFCグローバル・インベストメント・マネジメント(ボスト ン)のマネジングディレクター、チップ・ホッジ氏は、「原油在庫は必 要な水準を上回っている」と指摘。「需要が増加し始めない限り、原油 市場の堅調は望めない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前日 比1.21ドル(2.24%)安の1バレル=52.77ドルで終えた。年初来 での値上がり率は18%になった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE