2月米新築住宅販売:4.7%増の33.7万戸、7カ月ぶりプラス

米商務省が25日に発表した2 月の新築一戸建て住宅販売(季節調整済み、年率)は前月比4.7% 増の33万7000戸になった。ブルームバーグ・ニュースがまとめた エコノミストの予想中央値は30万戸への減少だった。新築住宅販売 の増加は昨年7月以来7カ月ぶり。

1月は32万2000戸と、速報値の30万9000戸から上方修正 された。

クレディ・スイス・ホールディングス(ニューヨーク)のエコ ノミスト、ジョナサン・バジーレ氏は「正常化に向けた第1歩だ。 価格の下落と住宅ローン金利の低下で買い手が戻り始めている。正 常化するまでには吸収すべき在庫がまだかなり残っている」と述 べた。

新築住宅価格の中央値は前年同月比18%下落の20万900ド ルと、2003年12月以来で最低。下落率は1964年の統計開始以 来で最大となった。

新築住宅販売は前年同月比では41%減少した。

住宅在庫は33万戸に減少。販売に対する在庫比率は12.2カ 月分(前月は12.9カ月分)と、02年6月以来の低水準。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE