ゴールドマン、保有する中国工商銀株の売却停止期間を1年延長(2)

中国の銀行大手、中国工商銀行 (ICBC)は25日、米金融大手のゴールドマン・サックス・グルー プが、保有するICBC株の売却停止期間を1年間延長することで合意 したことを明らかにした。

ICBCが香港証券取引所に提出した資料によると、ゴールドマン は保有するICBC株約165億株の80%を、2010年4月までは売却し ないことで新たに合意した。従来の合意では、ゴールドマンが保有株の 50%を今年4月28日に、残りを10月20日に売却できる内容だった。

ゴールドマンがほぼ76億ドル(約7400億円)相当の持ち株の一部 を売却するとの懸念を背景に、ICBC株は香港市場で年初来12%下 げた。事情に詳しい複数の関係者は、ゴールドマンは米政府から注入を 受けた資金について4月半ばまでに返済を目指していると述べていた。

マーシャル・ウェースの香港在勤運用者、アミット・ラジュパル氏 は、ゴールドマンは米政府への返済のためにICBC株を売る必要はな いと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE