英国債入札、02年以来で初の札割れ-大規模発行計画に市場が警告

25日に実施された英40年債入 札で、応札額が募集額に届かない札割れが発生した。過去最大規模の 国債発行計画に対して市場が警告を発した格好だ。

英公債管理局(DMO)によると、40年債への応札は16億3000 万ポンド(約2320億円)と、発行予定額の17億5000万ポンドを下 回った。前回、札割れが発生したのは02年の30年物インフレ連動債 の入札だった。

市場では40年債(表面利率4.5%、2049年償還)の利回りが10 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01ポイント)上昇し4.55%となっ た。

英政府は今会計年度に過去最大となる1464億ポンドの借り入れ を計画している。イングランド銀行(英中央銀行)のキング総裁は 24日の議会証言で、政府は財政赤字を考慮して財政出動には慎重に なるべきだと述べていた。

ヘッジファンド、ECUグループのチーフエコノミスト、ニー ル・マッキノン氏は、「これは投資家が政府に向けて発した警告だ」 と述べた。

ロンドン時間午後2時15分(日本時間午後11時15分)現在、 10年物英国債(表面利率4.5%、2019年3月償還)の利回りは5b p上昇し3.38%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE