コンテンツにスキップする

今日の国内市況:TOPIXが続伸、債券は下落-円強含み

日本株市場ではTOPIXが続伸 した。東京電力などの電気・ガス株、NTTなど情報・通信株、JTな ど食品株といったディフェンシブ株が上昇。きょうは3月期決算企業の 配当の権利付き最終売買日であり、商船三井など海運株、JFEホール ディングスなどの鉄鋼株といった配当利回りが高い業種も買われた。

TOPIX終値は前日比5.77ポイント(0.7%)高の818.49。一 方、日経平均株価は同8円31銭(0.1%)安の8479円99銭。東証業 種別33指数は23業種が上昇、10業種が下落。東証1部市場の騰落状 況は値上がり銘柄数1188、値下がり434。

この日の相場は不安定だった。TOPIXは午後に上昇に転じ、1 月29日以来約2カ月ぶりに820ポイントを回復した。しかしその後再 び下落転換。そして取引終了間際に急速に値を上げ、結局上昇で終了。 12日に付けた取引時間中のことしの安値(698.46)から前日まで7日 間の戻り率は16%。急ピッチの上げに対する警戒感が漂い、投資家の 強弱感が対立した。日経平均は小幅安で終えた。

こうした中、これまでのパーフォンスが良かった業種が売られ、軟 調だった業種が買われた。この日上げが目立ったのが景気動向に左右さ れにくいディフェンシブ業種だ。東証業種別33指数の値上がり率1、 2位は、電気・ガスと情報・通信。

ブルームバーク・データで、日経平均株価がことしの安値を付けた 3月10日から前日までの業種別指数の上昇率をみると、電気・ガスや 情報・通信、医薬品、食品が下位を占める。半面、上位には、その他金 融や証券、保険、銀行、電気機器が並び、この日はこうした業種の下げ が目立った。相場は循環物色を強めた格好だ。

また、この日は3月期決算企業の配当の権利付き最終売買日で、配 当を狙った個人投資家からの買いが入りやすい側面があった。ブルーム バーク・データによると、業種別の値上がり率3位の鉄鋼の平均配当利 回りは4.3%、同4位の海運は5.9%で、TOPIXの2.9%を大きく 上回る。

債券は下落、割高修正で先物に売り

債券相場は下落(利回りは上昇)した。先物市場において午後の取 引で割高感からの売りが広がると、期末接近で薄商いが続く市場の値幅 が拡大したほか、現物市場でも5年や10年ゾーン中心に持ち高調整と みられる売り圧力が強まった。

東京先物市場の中心限月6月物は、前日比10銭安い139円35銭 で始まり、午前は139円30銭台で小幅な動きにとどまった。しかし、 午後に売りが膨らむと一時は18日以来の安値圏となる138円92銭ま で下げ、その後も139円を中心にもみ合う展開が続き、終値は42銭安 の139円3銭だった。日中売買高は2兆499億円。

米連邦準備制度理事会(FRB)が長期米国債の買い入れに踏み出 したことが買い材料視され、先物6月物は19日以降に139円台半ばで の推移が続いた。しかし、現物市場で追随買いが入らずに割高感がくす ぶり始めるなか、2年債入札が良かったにもかかわらず、売りが膨らむ とマーケットはやや不意をつかれる格好となったとの指摘があった。

現物債市場で新発10年物の299回債利回りは、前日比0.5ベーシ スポイント(bp)高い1.26%で始まり、午前10時すぎからしばらく

1.255%でのこう着が続いた。期末接近に伴って投資家からの取引は控 えられたが、午後は先物売りに連動して3bp高の1.285%に上昇し、 その後も1.280-1.285%で高止まった。

超長期ゾーンには一部投資家からの買いが続いたとみられ、午前は 20年物の109回債利回りが1bp低下の1.89%、30年物の29回債は 同0.5bp低い1.995%をつける場面があったが、午後に売られた。

財務省が実施した2年利付国債(279回債、4月債)の入札結果に よると、最低落札価格は99円99銭5厘と市場予想の上限99円99銭 を上回った。応札倍率も前回入札時の2.95倍から3.18倍に上昇。

円強含み、対ユーロで131円台

東京外国為替市場では午後の取引で再び円が強含みに推移した。日 米の株価反落を背景に、楽観論が修正される格好となり、リスク回避に 伴う円買いに圧力がかかった。

ドル・円相場は一時1ドル=97円42銭と、前日のニューヨーク時 間午後遅くに付けた97円86銭から円が反発。朝方には98円35銭ま で円が下落する場面もみられていた。

ユーロ・円相場も朝方に一時1ユーロ=132円59銭を付けていた が、131円ちょうどまで円が値を戻し、2営業日ぶりの高値を付けてい る。

一方、ユーロ・ドル相場は投資避難的なドル買いを背景に一時1ユ ーロ=1.3441ドルと、前日のニューヨーク時間午後遅くに付けた

1.3468ドルからユーロ安・ドル高が進んだ。

前日の米株式市場では、ダウ工業株30種平均が反落。23日には、 米政府による不良資産買い取り計画への期待感からダウの終値が前 営業日比で500ドル近い上げとなっていたが、金融不安が根強く残 っているようだ。

外為市場では、株価の下落を受けてリスク投資に慎重な姿勢が再び 強まる可能性が意識されやすく、この日の東京市場では日経平均株価の 軟調地合いを背景に円に買い圧力がかかった。

半面、東京時間の朝方に発表された2月の貿易統計では、貿易収支 が黒字に転換したものの、輸出額が3カ月連続で過去最大の減少率を更 新しており、輸出依存度の高い日本経済の先行き懸念も強い。

2月の貿易収支(原数値)は824億円の黒字となった。1月には 過去最大となる9569億円の赤字に落ち込んでいた。輸出額は前年同月 比で49.4%減の3兆5255億円と、5カ月連続で減少している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE