世界で9000万人以上の雇用創出が必要、来年末まで-国際労働機関

国際労働機関(ILO)によれば、 世界的なリセッション(景気後退)に伴う雇用危機を阻止するために、 世界中の国・地域は来年末までに少なくとも9000万人分の雇用を創 出する景気刺激策を導入する必要がある。

ILOがジュネーブで24日発表した声明の中で、ソマビア事務 局長は、「景気刺激策が遅れれば、雇用危機は長期化し深刻なものと なり、雇用回復が始まるのが2011年となる恐れがある」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE