中国人民銀の樊綱氏:国内景気は既に底打ち-ロイター通信

ロイター通信は25日、中国人民銀 行貨幣政策委員会の樊綱氏の見方として、中国経済は既に底打ちして おり、回復の兆しが見え始めていると報じた。

樊氏は香港でロイターのインタビューに対し、追加利下げの可能 性は残っていると言明。実施されるかどうかは流動性の度合いや回復 の進ちょく状況、景気刺激策の効果によって決まるとの見通しを示し た。

同氏は回復の兆候として、自動車販売の増加や鉄鋼・エネルギー 消費の減少鈍化を挙げる一方、一部業界では高水準の在庫や設備過剰 が依然として最大の短期的な課題になっていると指摘したという。

同インタビューとは別に、同氏はこの日、景気刺激策について、 8%成長を支えるのに十分な内容だとの見方を示した。

-- Editor: Paul Panckhurst.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Yanping in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Tweed in Tokyo at +81-3-3201-2494 or dtweed@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE