豪州競争法当局:チャイナルコによる英豪リオへの出資を認可

:オーストラリアの競争法当 局は、中国国営チャイナルコによる英豪系リオ・ティントへの195 億ドル(約1兆9000億円)規模の出資を認可した。

リオが25日、オーストラリア証券取引所に提出した豪競争・ 消費者委員会の声明によると、同委員会は、出資案が鉄鉱石や銅、ア ルミナ、ボーキサイトの市場に影響を及ぼす可能性は低いとしている。

チャイナルコによる出資計画に対して政治家や株主の反発が強 まるなか、豪州の議員らは、国外からの投資に関する法律の調査を開 始した。リオは24日、今回の提案が鉄鉱石の年次契約価格交渉に影 響を与えることはないとの見通しを示した。

豪競争・消費者委員会は声明で「競争を阻害する水準まで世界 の鉄鉱石価格を一方的に引き下げる能力をチャイナルコとリオ・ティ ントが保持する可能性は低いとみられる」としている。

チャイナルコは2月12日、リオから転換社債72億ドル相当を 購入するほか、リオが保有する鉱山の権益123億ドル相当を取得す ることで合意した。チャイナルコの出資に関しては豪州政府とリオの 株主による承認が必要となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE