ユーロは下落の公算、ECBの国債購入回避で-RBSグリニッチ

英ロイヤル・バンク・スコットラ ンド・グループ(RBS)傘下のRBSグリニッチ・キャピタル・マ ーケッツによれば、欧州中央銀行(ECB)が量的緩和策の一環とし ての国債買い入れを回避していることから、ユーロはドルに対し下落 する見込みだ。

RBSグリニッチの為替戦略ディレクター(シカゴ在勤)、ダステ ィン・リード氏は電子メールで24日配布した文書で、量的緩和で「E CBが出遅れていると見なされているのはニュースとも言えないが、 重要な問題はそれがユーロの価値にプラスかマイナスかということだ。 われわれはユーロの障害になると考えている」と指摘した。

同氏は、現在のドルの不安定さが弱まれば、ユーロは1ユーロ=

1.20ドル台前半に向かって再び下落すると可能性があるとしている。 ユーロはロンドン時間24日午後3時27分(日本時間25日午前零時 27分)現在、1.3543ドル。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Justin Carrigan in London at +44-20-7673-2502 jcarrigan@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Justin Carrigan at +44-20-7673-2502 jcarrigan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE