米大統領:10年度予算案を擁護、向こう5年で財政赤字半減と強調

オバマ米大統領は24日夜の記者 会見で、2010会計年度(09年10月-10年9月)予算案に対する共和 党の批判に反論し、自分は「彼らから」1兆3000億ドル(約127兆 円)の赤字を引き継いだと述べた。

オバマ大統領は、自分が提出した歳出案によって財政赤字は年々減 少し、5年先には現在の半分になるだろうと強調。予算案が議会で一部 修正されたとしても、自分の「基本線」は医療とエネルギー、教育に関 するイニシアチブを握ることだと述べた。

ただ大統領は、議会を通過した10年度予算に自身が提案している 中間層減税や排出権取引制度が盛り込まれない場合、署名を拒否する可 能性に含みを残した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Hans Nichols in Washington at +1-202-624-1871 or hnichols2@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Joe Sobczyk at +1-202-624-1976 or jsobczyk@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE