セントルイス連銀総裁:デフレのわな、米国が現実に陥り得る可能性

米セントルイス連銀のジェーム ズ・ブラード総裁は24日、米国にはデフレのわなに現実に陥り得る 可能性があると述べ、その発生リスクは「当局のレーダー網に映し出 されている」との見解を示した。

ブラード総裁はロンドンで講演後に記者団に対し、量的緩和策の 成功の有無はインフレ期待値が2%になるかどうかで判断されるだろ うと指摘。米連邦準備制度が迅速に利上げしなければならなくなる日 が来るのかとの質問には、金利はいずれ上昇する必要があるだろうと 答えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Svenja O’Donnell in London at +44-20-76732287 or sodonnell@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Craig Stirling at +44-20-7673-2841 or cstirling1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE