米フォード:08年のムラリーCEOの報酬、37%減の1360万ドル(2)

米自動車大手フォード・モーター は24日、ムラリー最高経営責任者(CEO)に2008年に総額1360 万ドル(約13億3140万円)の報酬を支払っていたことを明らかにし た。前年比では3分の1余りの減少。同社は昨年、過去最悪の147億 ドルの赤字を計上し、株価は66%下落していた。

同日の当局への届け出によると、報酬のうち給与は200万ドルで ボーナスはゼロ。ムラリーCEOは07年には2170万ドル相当の報酬 (給与200万ドル、ボーナス700万ドル)を受け取っている。同氏が 米航空機大手ボーイングからフォードに移籍した06年当時は2820万 ドルだった。

ムラリーCEOとフォード会長は2月、全米自動車労組(UAW) から譲歩を引き出すため、09年と10年分の自らの給与を30%削減し、 08年と09年分のボーナスも返上することで合意していた。

フォードは08年の世界自動車販売台数が前年比17.5%落ち込ん だが、米政府に公的支援は求めていない。オートモーティブ・コンサ ルティング・グループ(ミシガン州)のデニス・ビラグ社長は「ムラ リー氏にはそれだけ支払う価値がある。すばらしい功績を上げている し、経営は苦しんでいるものの、同業他社よりもずっと強固だ」と指 摘している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE