IMF:融資の枠組みを大幅に見直し、条件緩和へ-金融危機受け

国際通貨基金(IMF)は24日、 金融危機を踏まえ、融資の枠組みを大幅に変更する方針を明らかにし た。その中には、新たな短期融資制度「フレキシブル・クレジット・ ライン(FCL)」の導入などが含まれる。

IMFのストロスカーン専務理事は発表文で、今回の措置につい て「IMFは加盟国を支援する方法を大幅に変更することになる」と 説明。「融資の柔軟性を高め、条件を簡素化することは、IMFが加 盟国のさまざまな需要に効果的に対応する上で役立つ」との見通しを 示した。

今回の措置の主な柱はFCLの導入に加え、すべての借り手を対 象にした融資条件の緩和、スタンドバイ協定(SBA)の柔軟性拡大、 など。

-- Editor: Brendan Murray, John McCluskey

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Christopher Swann in Washington at +1-202-624-4318 or cswann1@bloomberg.net Joshua Goodman in Rio de Janeiro +55-21-2125-2535 or jgoodman19@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE