金相場:年内に最高値更新か、投資需要21%増へ-CPM見通し

商品調査会社のCPMグルー プ(ニューヨーク)は24日、金相場が昨年付けた過去最高値を年内 に更新する可能性があるとの見方を示した。投資需要が21%増加す るためとしている。

CPMは同日発表した年間見通しのリポートで、金の投資需要 が今年、過去最高の5230万オンスに達すると予想している。昨年は 4330万オンスだった。一方、宝飾品向け金需要は、個人消費の減退 で7.1%減の5650万オンスになると見込んでいる。

ドル相場の下落と金融市場の不安定さを背景に代替資産として の金の投資妙味が高まり、金相場は8年連続で上昇している。金相場 は2008年3月17日に最高値の1033.90ドルに達した。

CPMは年間見通しの抜粋の中で「今年は、変動性が高く軟調 な金融・経済状況が続くとみられ、力強い金の投資需要を下支えする だろう」と予想。「金相場は昨年付けた最高値を更新する見通しだ」 としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE