S&P500種、「適正水準」は900超え-ゴールドマンのコーエン氏

米ゴールドマン・サックス・ グループのシニア投資ストラテジスト、アビー・ジョゼフ・コーエン 氏は、企業収益見通しを基にするとS&P500種株価指数は「適正 水準」を8.6%下回っていると指摘した。

S&P500種は23日、7.1%高と昨年10月以来の大幅高と なった。コーエン氏は米経済専門局CNBCに対し、ゴールドマンの 企業収益見通しに照らすと、同指数は900を超えているべきだとの 見解を示した。また、今後1年では1000の大台に乗せるだろうと の見通しを語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE