FRB:25日から国債買い切りオペ-3000億ドルの購入計画始動

米連邦準備制度理事会(FRB) は25日から、最大3000億ドルの国債購入計画の第一弾として、国債 の買い切りオペを開始する。借り入れ金利を引き下げるため、1960年 代以来となる措置に踏み切る。

ニューヨーク連銀が24日、発表した。対象は2016年2月―19年 2月償還の国債。同連銀はまた、今後9日以内に2011年3月-39年 2月償還債の買い切りオペを実施する予定も明らかにした。

国債購入計画は、リセッション(景気後退)を終息させ、デフレ リスクを回避するバーナンキFRB議長の取り組みの一環。連邦公開 市場委員会(FOMC)は18日の声明で同計画とともに、住宅ローン 金利引き下げに向け、住宅ローン担保証券(MBS)の購入規模を2 倍以上に拡大する方針を示した。

ニューヨーク連銀によると、FRBに対して自己勘定と顧客勘定 の両方で国債を売却する資格が与えられるのは、プライマリーディー ラー(米政府証券公認ディーラー)16社。ゴールドマン・サックス・ グループとバンク・オブ・アメリカ(BOA)の子会社も含まれる。

FRBは先週、購入対象は2-10年物国債が中心になるとしてい たが、3月30日に実施されるオペでは2026年8月-39年2月償還債 が対象となる。10年物と30年物国債の利回り格差はこの日94ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)と、23日の104bpに比べ縮小 した。

ニューヨーク連銀は4月1日から2週間ごとに、向こう2週間の 暫定的な購入予定を発表する。

-- Editor: Chris Anstey, Carlos Torres

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net

Editor:Tsuneo Yamahiro、Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Scott Lanman in Washington at +1-202-624-1934 or slanman@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE