コンテンツにスキップする

シカゴ連銀総裁:「あらゆる可能な」手段講じ、米リセッション脱却へ

シカゴ連銀のエバンス総裁は24 日、米連邦準備制度理事会(FRB)は「あらゆる可能な」手段を講 じて、米経済をリセッション(景気後退)から脱却させると述べた。 同総裁はプラハでの講演後に記者団に対して語った。

エバンス総裁は、年末までに米経済は成長を再開するとの見通し を述べた上で、失業率が一段と上昇する可能性を指摘した。同総裁は また、インフレリスクは下振れ方向にあると発言。経済の状況が改善 しつつあると述べるには時期尚早だと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE