ユーロ圏:3月サービス業・製造業-10カ月連続の活動縮小(2)

マークイット・エコノミクスがま とめた3月のユーロ圏サービス業景気指数(速報値)は40.1と、前 月の39.2から上昇。製造業景気指数も34.0と同33.5を上回った。 両指数とも予想に反して改善したものの、企業が需要低迷に伴い生産 と支出を削減していることから、活動の拡大・縮小の分かれ目となる 50を10カ月連続で下回った。

サービス業景気指数と製造業景気指数を合わせた景気総合指数は

37.6と、過去最低水準となった前月の36.2を上回った。ブルームバ ーグがまとめたエコノミスト調査では、サービス業が39.1、製造業 が33.5、総合が36.2と見込まれていた。雇用と生産価格の両指数は ともに過去最低に落ち込んだ。

ナテクシスのエコノミスト、シルバン・ブロイヤー氏(フランク フルト在勤)は「指数は極めて低い水準にとどまっているが、ある程 度の改善が徐々に見られるだろう。経済が年末までに回復する公算は 小さい」と語った。3月の雇用指数は40.3と、前月の40.8から低下 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE