ECBのリッカネン氏:ゼロ付近への預金金利下げを辞さない姿勢

欧州中央銀行(ECB)の政策委 員会メンバー、フィンランド中銀のリッカネン総裁は24日、同中銀の リポートで、「すべての政策金利」に引き下げ余地があるとの考えを示 し、下限政策金利である中銀預金金利をゼロ付近とすることを辞さな い姿勢を示唆した。

同総裁は、ECBは「まだ、金利操作の余地を使い果たしてはい ない」とし、「これはすべての政策金利について言えることだ」と付け 加えた。また、他のECB当局者に続き、金融機関への中銀貸し出し の期間の延長にも言及。「リセッション(景気後退)がさらに長引き、 物価安定に対する下方向リスクが強まれば」との条件を示した。

トリシェECB総裁は、ゼロ金利は「適切でない」との見解を示 し、ドイツ連邦銀行のウェーバー総裁はECBの預金金利を現水準か ら引き下げることには慎重な姿勢を示した。

公開市場操作(オペ)のレポ(売り戻し条件付き債券買いオペ) の期間延長については、ウェーバー総裁とキプロス中銀のオルファニ デス総裁がその可能性を示唆している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE