中国銀行(香港)の08年通期:純利益78%減-貸倒引当金が響く(2)

香港の上場銀行で時価総額2位、 中国銀行(香港)が24日発表した2008年通期決算は、純利益が前 年比で78%減少した。貸倒引当金が響き、02年の株式公開以来で初 の通期減益となった。

同行が香港証券取引所に提出した資料によれば、純利益は33億 4000万香港ドル(1株当たり31.6香港セント)と、前年の154億 5000万香港ドル(同1.46香港ドル)から減少。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたアナリスト11人の予想平均(146億香港ドル) を下回った。

引当金は総額119億香港ドルに上った。同行は世界的な金融危 機と相場の不安定が減益につながったと説明した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 森 茂生 Shigeki Mori +81-3-3201-3843 smori1@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Kelvin Wong in Hong Kong at +852-2977-6441 or kwong40@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Philip Lagerkranser at +852-2977-6626 or lagerkranser@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE