ドイツ銀:09年は「良好なスタート」、通期黒字回復へ-CEO

独銀最大手、ドイツ銀行のヨゼフ・ アッカーマン最高経営責任者(CEO)は24日公表した年次報告書に 含まれる株主あて書簡で、同行が2009年に良好なスタートを切ったと し、高リスク事業と不良資産を圧縮して同年は通期黒字に復帰できる との見通しを示した。

同CEOは「08年の赤字には非常に失望したが、黒字復帰に向け て必要なあらゆる措置を取ることを固く決意している」とし、同書簡 をしたためている「現時点で、09年に良好なスタートを切ったと言え る」と述べた。

同CEOは、「10年には銀行業界にある程度の回復が見込まれる」 とした上で、「世界経済と金融市場、法規制の環境、競争環境が予想通 りに展開すれば、ドイツ銀は09年に黒字に復帰する」と言明した。

同CEOはまた、「現時点で、いかなる外部の資金源」からも追加 資本を調達する必要性を感じていないとして、政府支援が不要である ことをあらためて表明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE