全銀協会長:公的資金「厳しい経営迫られる」とけん制-枠組みは評価

全国銀行協会の杉山清次会長(み ずほ銀行頭取)は24日午後、都内での定例会見で、銀行の資本増強に ついて「公的資金は国民の税金。それが入ったら厳しい経営を迫られて 当然だ」と述べた。拡充が必要な場合でも、改正金融機能強化法などに 基づく公的な資本でなく、自力調達を優先する姿勢を示した。

杉山会長は「過去に入ったことを考える経営者が非常に多い」と振 り返った。一方、日銀が検討中の銀行の劣後ローン引き受けなども含め た公的支援の枠組みそのものは、「自力調達と併せて政策パッケージの セットが整備された。金融安定化に向け非常に有意義」とし、非常事態 に備えた手段として歓迎する意向を表明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE