チャイナ・テレコム08年通期:96%減益-PHSサービス評価損(2)

中国最大の固定電話会社、チャ イナ・テレコム(中国電信)が24日発表した2008年通期決算は、 前年比96%の減益となった。PHSサービス関連の評価損が響いた。

香港証券取引所への届け出によれば、純利益は8億8400万元 (1株当たり0.01元)と、前年の242億元(同0.30元)から減少 した。

チャイナ・テレコムは、昨年1-6月(上期)に利用者を600 万人減らしたPHSサービス「リトルスマート」の規模縮小に伴い、 評価損を計上した。同社はチャイナ・モバイル(中国移動)の追撃を 目指し、チャイナ・ユニコム(中国聯通)から昨年取得した携帯電話 事業を拡大する計画だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE