米デルCEO:顧客獲得に「大きなチャンス」-IBMのサン買収交渉

世界2位のパソコンメーカー、米 デルのマイケル・デル最高経営責任者(CEO)は24日、都内で記者 懇談を開き、米IBMによるサーバー大手のサン・マイクロシステム ズの買収交渉報道について「うわさにすぎない」としながらも、デル にとって顧客獲得の面で「大きなチャンスになる」と語った。

デル氏は一例として、IBMによる買収のうわさがサンの顧客の 「緊張感」を誘うことで、過去数年間進んできたサンからデルへのサ ーバー顧客の移動が「加速すると思っている」と語った。影響の詳細 に関しては言及を避けた。

状況に詳しい2人の関係者が明らかしたところによると、IBM はサン買収に向けて交渉を継続中。サンの財務状況を精査中でまだ一 切合意には至っていない。交渉は来週までずれ込む公算が大きいが、 今週中に合意が発表される可能性もあるという。

一方デル氏は、パソコンに近い機能を持つ携帯端末であるスマー トフォンの投入計画について、デルの新製品は「非常に興味深いエコ システムが導入されている」などとアピールした。参入に当たって企 業の合併・買収(M&A)に乗り出すかどうかや、端末の製造委託先 に関しては明確なコメントを避けた。

デルのスマートフォンをめぐっては台湾紙コマーシャル・タイム ズが24日、電子機器の受託生産で世界最大手である台湾の鴻海精密工 業(ホンハイ)に製造を発注したと報じている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE