NZ経済は2年連続でマイナス成長に、住宅投資など低迷続く-調査

ニュージーランド(NZ)経済 研究所の調査によれば、NZ経済は、住宅投資や企業の設備投資が落 ち込むなか、2年連続でマイナス成長となる見通しだ。

NZ経済研究所がエコノミスト10人を対象に実施した調査の予 想平均では、同国経済は2010年3月末までの1年間がマイナス

0.6%成長となる公算が大きい。09年3月末までの1年間はマイナ ス0.9%成長になると予想されている。3カ月前のアナリスト調査で は、10年の成長率はプラス0.9%になると見込まれていた。

調査によれば、住宅投資は今年3月31日までの1年間で前年比 23%減、次の1年間では同15%減となる見通し。設備投資も両年と もに縮小するとみられている。また、失業率は10年3月までに

6.8%に上昇すると予想されており、前回予測(5.7%)よりも一段 の悪化が見込まれている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE