NY原油時間外:4カ月ぶりの高値圏-米株高で燃料消費反発期待

ニューヨーク原油先物相場はアジ ア時間24日の時間外取引で、ほぼ4カ月ぶりの高値圏で推移している。 米株高で世界最大のエネルギー消費国である同国の燃料消費が反発す るとの期待が高まった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限はシン ガポール時間午前9時41分(日本時間午前10時41分)現在、26セ ント安の53.54ドルで推移している。前日の通常取引は、1.73ドル高 の53.80ドルで引けた。終値としては昨年11月28日以来の高水準。

前日の原油先物価格は3.3%上昇した。オバマ政権による銀行の 不良債権処理策が景気刺激につながるとの見方から株式相場が上昇し たことを好感した。ブルームバーグ・ニュースの調査によると、あす 発表される先週の米原油在庫は製油所の定期点検が終わったことから 増加したと予想されている。原油在庫は2007年6月以来の高水準。

コモンウェルス銀行(シドニー)の商品ストラテジスト、デービ ッド・ムーア氏は「今回の政策が景気回復につながるとの楽観的な見 方から、株式と原油市場にポジティブな反応が見られた。大雑把な見 方だが、消費は依然弱く、米原油在庫が増加しても驚かない」と述べ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE