ビッグス氏:米国と新興市場の株価上昇へ-ハイテク株に投資妙味

モルガン・スタンレーの元グロー バル・ストラテジストで、ヘッジファンドのトラキス・パートナーズ の運用担当者バートン・ビッグス氏は23日、米国と新興市場の株価が 上昇すると予想し、大手ハイテク企業に投資妙味があるとの見方を示 した。

ビッグス氏は、S&P500種株価指数が今月9日に付けた12年 ぶりの安値から30-50%反発する可能性があると指摘した。同指数は 23日、前週末比7.1%高の822.92で終了。過去2週間の上昇率は20% を超えており、これは一般的な強気相場の定義を満たすものだ。

同氏はまた、ハイテク株は割安だと述べるとともに、欧米よりも アジアの方が経済成長のペースは速くなると予想。一方、金融業界に は「途方もなく大きなボラティリティー(不安定な変動)と不確実性 が存在する」ことを理由に挙げ、金融株にはあまり熱心ではないと語 った。

同氏は23日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 「大きな反発局面のただ中にあるが、強気相場入りしたと言うのは時 期尚早だ」と述べた。米財務省が発表した官民共同の銀行不良資産買 い取り計画については、「正しい方向への重要な第一歩だ」と評価し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE