米レッドハット株が上昇、オラクルが買収提案との観測で-アナリスト

無償配布の基本ソフト(OS) 「Linux(リナックス)」の販売で最大手の米レッドハットの株価 が、23日のニューヨーク市場で上昇した。ジェフリーズ・グループの アナリストは、世界2位のソフトウエアメーカー、米オラクルがレッド ハットに買収提案を行うとの観測が背景だと説明する。

レッドハット株は1.48ドル(9.9%)高の16.37ドルで終了。同 社株を買う権利(コールオプション)の取引は、過去4週間平均の37 倍に膨れ上がり、5カ月ぶり高水準となった。

ジェフリーズのアナリスト、キャサリン・エグバート氏(サンフ ランシスコ在勤)は23日付の顧客向けリポートで、オラクルによる買 収の可能性は「非常に高く」、理にかなっているが、今すぐには実施さ れないだろうと語った。オラクルは恐らく、米コンピューターサービス 大手IBMとサーバー大手の米サン・マイクロシステムが経営統合した 場合、レッドハットが受ける影響について見極めようとするだろうと、 同氏は指摘した。

オラクルの広報担当者、カレン・ティルマン氏は電子メールでの 取材に対し回答していない。レッドハットの広報担当者、カーラ・シュ ルツ氏からは電話取材に対し、これまでのところ応答が得られていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE