スイスのUBS、米支店をスタイフェル・ファイナンシャルに売却へ

【記者:Christine Harper】

3月23日(ブルームバーグ):信用危機で多額の損失を出したスイ スの銀行最大手UBSは、米国にある最大55の支店を米証券会社スタイ フェル・ファイナンシャル(ミズーリ州セントルイス)に売却すること で合意した。

スタイフェルが23日発表した資料によると、買収対象となるUBS の支店は24州にまたがり、金融アドバイザーは約320人。約150億ドル (約1兆4600億円)の資産を管理している。支店買収の条件には最大 2700万ドルの前金支払いなどが盛り込まれている。

UBSが米国の支店を売却するのは、資金調達に加え、米国以外の 地域に事業を集中するため。時価総額11億ドルのスタイフェルは、2008 年に約1億1600万ドルの収入をもたらした支店網と金融アドバイザー を手中に収めることになる。

発表文によると、両社は35-45営業日以内にスタイフェルが取得す る具体的な支店数や従業員数、資産について今後決定する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE