小沢民主代表:きょうにも進退判断-公設第1秘書の捜査結果見て

民主党の小沢一郎代表は、西松建 設の違法献金事件で東京地検特捜部に逮捕された公設第1秘書、大 久保隆規容疑者(47)への捜査結果を見て、代表を続けるかどうか判 断する。共同通信など主要メディアは特捜部が同容疑者を24日に起 訴するとの見通しを報じており、小沢氏が同日中にも自らの進退につ いて何らかの形で意思表示する可能性がある。

大久保容疑者は3日、2003年から06年にかけ、西松建設からの 寄付計2100万円を受けたにもかかわらず、小沢氏の資金管理団体 「陸山会」の政治資金収支報告書には政治団体からの寄付とする虚偽 の記入をするなどして政治資金規正法違反の疑いで特捜部に逮捕さ れた。

小沢氏の進退をめぐっては、22日付の産経新聞など主要メディア が、党幹部らの取材を基に、政治資金規正法違反で起訴されるにとど まった場合は代表を続投する可能性が強まったと報じている。小沢氏 自身は17日の記者会見で、「そう遠くないうちに当局の判断が示され るものと思うので、その結論が出たときに今後のことについて判断した い」と語っていた。

-- Editor : Hitoshi Sugimoto 参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE