米IBMはサン買収で交渉継続中、合意には至っていない-関係者

米コンピューターサービス大手I BMは依然として、サーバー大手の米サン・マイクロシステムズ買収に 向けた交渉を継続中だ。状況に詳しい2人の関係者が明らかにした。

関係者が交渉は非公開だとして匿名で語ったところによると、I BMはサンの財務状況を精査中で、まだ一切合意には至っていない。両 社の交渉は来週までずれ込む公算が大きいが、今週中に合意が発表され る可能性もあるという。

サンの株価は、IBMとの買収交渉が報じられた直後には上昇し たものの、その後約11%下落。両社の交渉に詳しい複数の関係者によ ると、IBMはサン株1株に対し17日の終値の2倍余りに相当する約 10ドルを支払うもようだと語った。サンの買収に成功すれば、世界の サーバー市場におけるIBMのシェアはほぼ5割に達する。

モーニングスターのアナリスト、リック・ハンナ氏(シカゴ在 勤)は「時間がたてばたつほど、投資家の間では両社の合意が間近なの かどうか、疑問が膨らむ」と語る。「新たなニュースが不足するなかで、 サンの株価はただ下落方向となっている」と指摘した。

23日のニューヨーク市場でサンは16セント(2%)安の7.94ド ルで終了。買収交渉が表面化した日は79%高となった。IBMは6.20 ドル高の98.71ドル。IBM、サン両社の広報担当者はコメントを避 けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE