3月23日の海外株式・債券・為替市場(2)

(米国債を最新版に差し替えます)

○米国株:米国株式相場は急反発し、世界的な株高となった。オバマ 政権の不良資産買い取り計画が経済成長を促進するとの思惑から買い が膨らみ、S&P500種株価指数は過去5カ月で最大の上昇率。資産 運用会社テンプルトン・アセット・マネジメントの運用担当者、マー ク・モビアス氏が新たな「強気相場」が始まったとの認識を示したこ とも買いを誘った。

財務省が最大1兆ドル規模の買い取り計画を発表したことを背景 に、バンク・オブ・アメリカ(BOA)とシティグループがともに急 伸。原油相場がほぼ4カ月ぶりの高値を付けたため、エクソンモービ ルやシェブロンも高い。S&P500種は3月9日に付けた12年ぶり の安値(終値ベース)からの戻りが22%となり、強気相場入りした。 全10セクターが上昇。

モビアス氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、 「機会を逸しないよう注意する必要がある」と指摘、「すべての悪材 料を考えて、手控える傾向がある」と付け加えた。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価 指数は前週末比7.1%高の822.91で終了。昨年10月28日以来の大 幅高となった。ダウ工業株30種平均は497.48ドル(6.8%)高の

7775.86ドル。MSCI世界指数は5.4%高となり、過去10営業日で 9日目の上昇。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の騰落比率は 21対1。

○米国債:米国債相場は下落。株式相場が上昇したほか、財務省の発 表した不良資産買い取り計画がまずは市場で歓迎されたことから、安 全逃避先としての国債需要が減退した。

10年債利回りは3営業日連続で上昇。財務省は7000億ドル規模 の問題資産購入計画(TARP)を活用し、金融機関から不良資産を 切り離す計画だ。財務省は今週、2年、5年、7年債の入札(計980 億ドル)を実施する。

米国大和証券の債券部門責任者、レイモンド・レミー氏は、 「株価が上昇しているほか、今週は24日から大規模な入札が始まる。 債券は売り圧力を受けている」と語った。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時 間午後4時54分現在、10年債利回りは前営業日比3ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)上昇して2.66%。10年債(償還2019年 2月、表面利率2.75%)価格は9/32安の100 23/32。

2年債利回りは3bp上げて0.90%。5年債利回りは5bp上 げて1.69%だった。

投資家の反応

米政府主導の不良資産買い取り計画が成功した場合、投資資産へ の投資家のリスク許容度が高まり、米国債など安全資産への需要が後 退する可能性がある。債券ファンド大手、米パシフィック・インベス トメント・マネジメント(PIMCO)の共同投資責任者ビル・グロ ス氏は、同計画に参加する方針を明らかにしており、米資産運用会社 大手ブラックロックのローレンス・フィンク最高経営責任者(CE O)も参加する意向を表明した。

グロス氏は電子メールで、「これは政府が提案したなかで初めて の、当事者全員に利益をもたらす政策だ」とし、「当社は同プログラ ムに参加し、顧客に利益をもたらすのと同時に景気回復に向けて応分 の貢献をしたい」と述べた。

連邦公開市場委員会(FOMC)は18日に発表した声明の中で 最大3000億ドルの長期国債を購入するほか、政府機関債などの購入 規模を拡大することを明らかにした。米連邦準備制度理事会(FR B)は今週から6カ月間にわたり、1週間に2-3度、米国債を購入 する。

米国債入札

財務省は24日に2年債(400億ドル)、25日に5年債(340億 ドル)、26日に7年債(240億ドル)の入札をそれぞれ実施する。

米国は景気浮揚策に必要な資金を調達するため、借り入れが過去 最大規模に膨れ上がっている。

この日の米国債は、取引時間の大半を通じて前営業日比変わらず で推移した。FRBの債券買い取り計画に関するさらなる詳細が公表 されていないことから、トレーダーは様子見の展開となった。

HSBCセキュリティーズUSAの米国債トレーディング責任者、 チャールズ・コミスキー氏(ニューヨーク在勤)は、「債券購入時期 や種類が分からないと厳しい。何もしないのが最善策だ」と語った。

○NY外為:ニューヨーク外国為替市場では円とドルが大半の主要通 貨に対して下落。米財務省が23日発表した銀行の不良資産買い取り 計画を手掛かりに、安全投資先としてのドルと円に対する需要が後退 するとの観測が広がった。

ニュージーランド・ドルとオーストラリア・ドルはいずれもドル に対して10日連騰。それぞれ2002年、2007年以降で最長の上げを 記録した。ガイトナー財務長官が打ち出した銀行のバランスシートか ら不良資産を切り離す計画を受け、高利回り通貨への需要が高まった ことが背景。

ウエストパック銀行のシニア為替ストラテジスト、リチャード・ フラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は「(財務省の計画は)リス ク志向の回復につながりそうだ。オーストラリア・ドルとニュージー ランド・ドルの堅調を支えるだろう」と語った。

ニューヨーク時間午後4時7分現在、円は対ユーロで1.7%下げ、 1ユーロ=132円44銭(前週末は同130円29銭)。一時は同132円 48銭と、昨年10月21日以来の安値を付けた。円は対ドルでは1.2% 下げ、1ドル=97円8銭(前週末は同95円94銭)。一方、ドルは 対ユーロで0.4%下げ、1ユーロ=1.3642ドル(前週末は同1.3582 ドル)。ドルは3月19日には同1.3738ドルと、1月9日以来の安値 まで落ち込んだ。

韓国ウォンは対ドルで1.4%上げ、対円でも2.5%上昇した。ゴ ールドマン・サックス・グループが2009年上半期の韓国の経常黒字 が110億ドルになるとの見通しを示し、従来予想の70億から上方修 正したほか、向こう12カ月以内にウォンが対ドルで1ドル=1300ウ ォンまで上昇すると予想したことが背景となった。

ウォンの軟調

ブルームバーグの調査によると、1-3月期の韓国ウォンは主要 16通貨中、対ドルで最も軟調に推移した。同国の景気低迷の深刻化 が背景となった。

主要6通貨のバスケットに対するインターコンチネンタル取引所 (ICE)のドル指数は0.4%低下。同指数は先週、米連邦公開市場 委員会(FOMC)による米国債の大量購入の決定を受けて週間ベー スで4.1%下げ、1985年9月のプラザ合意以来の大幅下落を記録した。 プラザ合意では日米欧の通貨当局が当時のドイツ・マルクと円に対す るドル高是正を取り決めた。ドル指数は3月入り後に5.2%下げてお り、1-3月期の上昇幅は2.7%に縮小した。

FRBの米国債購入

先週はドルが対ユーロで4.8%下げ、昨年12月半ば以降で最大 の落ち込みとなった。FOMCが18日の声明で、期間が長めの米国 債を最大3000億ドル購入し、住宅ローン金利などの押し下げを目指 して機関債などの購入額を拡大する計画を明らかにしたことがきっか けとなった。

この日は対円でニュージーランド・ドルが3.2%、オーストラリ ア・ドルが3.4%とそれぞれ上昇し、主要通貨の間で特に堅調に推移 した。ガイトナー財務長官の不良資産買い取り計画を受けてS&P 500種株価指数が7.1%上昇、高利回り通貨への買いが膨らんだ。

財務省の発表によると、買い取りのための官民投資プログラムは、 昨年導入された7000億ドル規模の問題資産購入計画(TARP)か ら750億-1000億ドルの資金を使用。財務省のほか、米連邦準備制 度理事会(FRB)と米連邦預金保険公社(FDIC)も民間の投資 家が流動性の低いローンや証券を銀行から買い取る上で、資金拠出あ るいは資金調達支援を実施する。

○英国債:英国債市場では10年債相場が下落。10年債利回りは前週 末比10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し3.12%と なった。

同国債価格(表面利率4.5%、2019年3月償還)は0.88ポイン ト下げ111.71。一方、2年債利回りは1.30%と、前週末を4bp下 回った。

ただ、相場下落は限定的となるとの見方もある。ブラックロック の欧州債券責任者、スコット・シール氏(ロンドン在勤)は顧客向け リポートで、イングランド銀行(英中央銀行)の「英国債買い取り計 画が価格を押し上げ、利回り低下につながる」とし、「英国債にはま だ割安感がある」と記述した。

イングランド銀行はこの日、英国債24億9000万ポンドの買い取 り入札を実施。応札総額は79億9000万ポンド、倍率が3.21倍と発 表した。

○欧州債:欧州債市場ではドイツ10年債相場が3営業日ぶりに下落。 ドイツ政府の4-6月期の国債発行計画発表を翌日に控えた警戒感が 広がる中、株式相場の上昇を背景に安全投資としての国債需要が後退 した。

独10年債利回りは2週間ぶり低水準前後から上昇に転じた。ド イツ政府は24日、4-6月期の国債発行計画を明らかにする。2009 年は既に発表されている過去最大の3230億ユーロの国債発行額に加 え、さらに200億ユーロの国債入札の時期について公表されるとみら れている。

ウニクレディト・マーケッツ・アンド・インベストメント・バン キング(フランクフルト)の債券ストラテジスト、コーネリアス・パ ープス氏は「供給圧力が国債相場への重しとなっている」と語った。

ロンドン時間午後3時半現在、独10年債利回りは前週末比4ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01ポイント)上昇し3.01%とな った。同国債(表面利率3.75%、2019年1月償還)価格は0.34ポイ ント下げ106.15。独2年債利回りは1.32%と、前週末からほぼ変わ らず。

東京ニューズルーム  +81-3-3201-8900

種類別ニュース: 為替 NI FRX 、 NI JFRX、 NI FX NI KAWASE 経済 NI ECO 、 NI JNECO 、 NI JEALL 中央銀行 NI CEN 、 NI JCEN EMU(欧州経済通貨同盟) NI EMU 英国債 NI GLT 債券 NI BON 国債 NI GBN   欧州国債 NI EUB マネーマーケット NI MMK 英国経済 NI UKECO 米国債 NI USB 米国株 NI USS 株式 NI STK 米国預託証券(ADR) NI ADR ミューチュアル・ファンド NI FND 欧州国債 NI EUB 独債券 NI BND 仏債券 NI OAT 英国債 NI GLT 伊国債 NI BTP スペイン国債 NI SMB ベルギー国債 NI BBB オランダ国債 NI NAB 金融市場 NI JMALL 海外市況 NI TOPJF トップニュース NI TOP、 NI TOPJ 海外トップニュース NI TOPKAIGAI

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE