NY金:続落、世界的な株価上昇で代替需要後退-終値952.50ドル

ニューヨーク金先物相場は2日続 落。世界的な株価の上昇を背景に、代替投資先としての金への魅力が薄 れた。

MSCI世界指数は10営業日のうち、この日で9日目の上昇。米 財務省は23日、金融システム支援に向けて不良資産を買い取る最大1 兆ドル(約96兆円)規模の計画を発表した。金相場は年初から前日ま ででは7.7%上昇しており、一方、MSCI指数は同14%低下してい る。

プロスペクター・アセット・マネジメントのレナード・カプラン 社長(イリノイ州在勤)は「金相場はまさに不安心理の尺度のように動 いている。株価が上昇すれば、不安心理を背景とする金買いの一部は後 退する」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場4月限は前週末比3.70ドル(0.4%)下げ、1オンス=952.50ド ル。前週末には0.3%下げていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE