【個別銘柄】資源、金融、イビデン、高島屋、楽天、富士フ、USJ

23日の東京株式相場における材 料銘柄の株価終値は以下の通り。

楽天(4755):前営業日比2.1%高の4万6850円で取引終了。共 同通信は20日、TBSの筆頭株主である楽天が、保有するTBS株の 買い取りを同社に要求する方針を固めたと報じた。TBSが4月1日付 で「認定放送持ち株会社」へ移行するのに伴い、特定の株主による大量 の株保有が制限されることが背景。楽天はTBSとの提携戦略を断念す ることになるという。TBS(9401)は5.1%高の1296円。

資源株:三井物産(8031)が11%高の984円など大手商社株が上 昇。TOPIX卸売指数は6.9%上昇の625.36ポイントで、東証33業 種中3番目の上昇率。日本の連休中にニューヨーク原油相場が3カ月ぶ りの高値を回復するなど資源価格が高騰したため、買いが入った。国際 石油開発帝石や石油資源開発などで構成するTOPIX鉱業指数は上昇 率4位。

その他金融株:アイフル(8515)が35%高の161円と急騰し、東 証1部の上昇率1位。武富士(8564)はストップ高(制限値幅いっぱ いの上昇)。米政府の金融機関の不良債権買い取り期待が高まり、大き く下げた株価を見直す動きが活発化した。TOPIXその他金融業指数 は9.3%高の209.05ポイントで上昇率1位。前日時点の年初来下落率 は21%で、TOPIXの7.9%を大きくアンダーパフォームしていた。

パーク24(4666):2.4%高の640円。23日付の日本経済新聞は、 大手企業が相次ぎ、車を複数の会員が共同利用する「カーシェアリング 事業」に乗り出すと報じた。駐車場最大手のパーク24はレンタカー大 手のマツダレンタカー(広島市)を今月中にも買収し、同事業に参入す るという。同事業を拡大すると報道されたオリックス(8591)は400 円(13%)高の3380円とストップ高。

ユニチカ(3103):4.4%安の65円。主軸の繊維事業で衣料・産 業資材が低迷しており、09年3月期の連結純損益は一転140億円の赤 字になる見通しと発表。業績不安から売りが先行した。

ユー・エス・ジェイ(2142):前週末気配値を4000円(8.9%) 上回る4万8700円と、ストップ高で比例配分。SGインベストメンツ が19日、USJに対して株式公開買い付け(TOB)を行うと発表し た。TOB価格は5万円としており、同水準を意識した価格形成がなさ れた。TOB期間は3月23日から5月21日。

ベスト電器(8175):9.9%高の278円。ビックカメラ(3048) は2000円(10%)高の2万1900円でストップ高比例配分。業務・資 本提携効果をさらに高めるため、ベスト電器90%、ビックカメラ10% の出資比率で新会社B&Bを設立することで合意した。

日立製作所(6501):2.3%高の273円。三菱電機(6503)は

3.0%高の448円。両社は、共同出資先で国内2位の半導体メーカーで あるルネサステクノロジの支援要請に応じ、今月末までに540億円の 増資を引き受ける。出資比率に応じ、引き受けは日立が55%、三菱電 が45%を分担する。20日付の日本経済新聞報道を受け、複数の関係者 が明らかにした。

ニチハ(7943):8.6%安の607円と急落。減損損失や固定資産除却 損など特別損失の計上を理由に、09年3月期の業績予想を下方修正し た。連結純損失は当初計画の37億円から102億円と赤字幅が広がる見 通し。前期は25億円の赤字だった。

野村総合研究所(NRI・4307):1.0%安の1522円。野村ホー ルディングス傘下(8604)の野村証券から国内リテール事業の事務系 システムの資産を400億円で買い取ると発表した。また有価証券評価 損の計上により、今期(09年3月期)連結純利益予想を21%減額した ため、売りが優勢となった。

ドン・キホーテ(7532):8.2%高の1138円。子会社化した「長崎 屋」の「メガ・ドン・キホーテ」店への業態転換が進み、低価格商品を 集めた新店が好評。来期(10年6月期)以降は増益基調に回復すると みられ、買いが入った。

富士フイルムホールディングス(4901):7.4%高の2265円。電子 材料の在庫調整懸念がやや後退し、自己資本の大幅なき損リスクが低下 したとの見方が台頭。リスクへの過度な警戒が緩和されつつあるとして、 見直し買いが進んだ。JPモルガン証券が19日付で投資判断を「アン ダーウエート」から「オーバーウエート」に引き上げた。

浜松ホトニクス(6965):2.2%高の1826円。顧客の在庫調整の 影響などから、今期(09年9月期)業績は従来予想を下回る見通しと なった。ただ、医用機器向け販売が堅調に推移しているとの指摘が出て、 業績底入れ期待が高まった。野村証券金融経済研究所は投資判断をこれ までの「2(中立)」から「1(買い)」に引き上げた。

日本精工(6471):1.3%安の383円。自動車関連製品の販売落 ち込みに加え、欧米子会社における事業構造改革費用の追加計上20億 円、法人税等調整額(損失)の増加43億円から、09年3月期の連結最 終損益は40億円の赤字見通しと発表。従来予想は120億円の黒字。

アークランドサカモト(9842):0.9%安の782円。09年2月期 の連結純利益は前の期比42%減の8億3000万円(従来予想23億円) と、増益予想が一転して減益となったもようだと発表。旧「神戸みなと 店」の売却断念で事業用借地権設定契約解除に伴う契約違約金などの特 別損失が響いた。

髙島屋(8233):4.0%高の600円。20日付の日本経済新聞は同社 の09年2月期の連結営業利益が245億円前後となったもようだと報じ た。前の期と比べ35%の減益となるものの、従来計画の240億円を上 回る見込みで、広告宣伝費や人件費など経費削減に向けた取り組みを評 価する見方が広がった。

三菱重工業(7011):4.3%高の317円。欧州で原子力発電所の 受注活動を本格展開すると23日付の日本経済新聞が伝えた。4月にも 専門の設計チームを発足し、欧州の安全基準などに合わせた原発設備の 改良設計を始める。主に北欧や東欧の電力会社と商談を進め、1年以内 をめどに欧州での初受注を目指すという。

シーイーシー(9692):2.4%高の558円。10年1月期の連結純 利益は前期比55%増の13億円を計画。投資有価証券評価損の計上、持 分法適用会社の破産などによる影響がなくなる。

イビデン(4062):8.1%高の2410円。ゴールドマン・サックス証 券は19日付で、目標株価をこれまでの2300円から2500円に引き上 げた。投資判断は「買い」を継続。

長谷工コーポレーション(1808):3.7%安の52円。JPモルガン証 券は19日付で投資判断を「オーバーウエート」から「中立」に引き下 げた。受注回復の遅れやマンションデベロッパー破たんのニュースに伴 う株価下落リスクを理由に挙げている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE