中国株(午前):上海総合指数、6日続伸-鉄鋼・自動車株が高い

23日午前の中国株式市場で、上 海総合指数は6営業日続伸し、約1年5カ月ぶりの長期上昇となって いる。中国政府の景気対策を背景に鉄鋼と自動車株が高い。

中国の製鉄最大手、宝山鋼鉄(600019 CH)と自動車最大手の上 海汽車(600104 CH)は1.4%以上の値上がり。大手製鉄・自動車会 社による中小の同業企業の買収を促進する政策が好感された。中国最 大の産金会社、紫金礦業(601899 CH)は20%増益の発表を受けて、

7.9%高となった。

HSBC晋信基金管理の投資マネジャー、閻冀氏(上海在勤)は、 「景気回復の際には、大手の製鉄・自動車会社は同業の買収により、 業界内で現在よりも一段と競争力が高まっているだろう」と指摘した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動し ている上海総合指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半) 現在、前週末比28.31ポイント(1.2%)高の2309.40。今回の連 続高は2007年10月11日以来で最長。上海、深セン両証取のA株に 連動しているCSI300指数は1.7%高。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE