UBS、米オフショア事業で数人をレイオフ-ゾンタークス紙

スイス紙ゾンタークス・ツァイ トゥング(オンライン版)は22日、UBSのオズワルド・グリュー ベル最高経営責任者(CEO)が16日付で、同行の米国オフショア 事業のマネジャー数人をレイオフ(一時解雇)したと報じた。

また同紙によれば、UBSはスイス国内で非課税資産を保有する 米国人顧客「数千人」に対し、同行での口座を45日以内に閉じるよ う求めている。複数のUBS内部の人間からの情報として伝えた。

UBS広報担当者は「昨年発表した通り、当社は米国オフショア 事業の閉鎖手続きを進めている」と述べる一方、16日付で複数のマ ネジャーがレイオフされたかについてはコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE