米メリル:2009年のブレント原油相場予想、52ドルに上方修正

米メリルリンチは、2009年の北海 ブレント原油の相場見通しを1バレル当たり52ドルに引き上げた。石 油輸出国機構(OPEC)加盟国のほか、ロシアやノルウェー、アゼ ルバイジャンなどの産油国による供給の削減を理由として挙げている。

メリルのアナリスト、フランシスコ・ブランチ氏は20日に送付し た電子メールでのリポートで、新興国の需要も相場を下支えするとの 見通しを示した。従来予想は50ドルだった。

メリルは「供給は7-12月(下期)に大幅に減少する」と予想。 「新興国で軒並み急激な利下げが実施されることも、向こう1年間、 エネルギー需要か相場、またはその両方を押し上げるだろう」との見 方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE