三菱UFJ:3年間で1000人削減、50店舗閉鎖へ-合理化計画

三菱UFJフィナンシャル・グル ープは23日、今後3年間で1000人の人員削減や50店舗の閉鎖などを行 うことを柱とした合理化計画をまとめたことを明らかにした。ブルー ムバーグ・ニュースの電話取材に、広報担当の竹内崇氏が認めた。

竹内氏によると、人員削減は昨年12月に完了した旧東京三菱銀行 と旧UFJ銀行のシステム統合作業の従事者などを中心に行う。店舗の 閉鎖は両行の統合により重複した店舗の見直し作業の一環。既に70店 舗を閉鎖しており、計120店舗を閉じることになる。このほか、本部 人員1000人の支店への配置転換も実施する。

この合理化計画については、先にNHKが23日朝のニュースで報 じていた。

-- Editor:Kenshiro Okimoto

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 谷口 崇子 Takako Taniguchi +81-3-3201-3048  ttaniguchi4@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651  yokubo1@bloomberg.net

Philip Lagerkranser +852-2977-6626   lagerkranser@bloomberg.net

企業ニュース JBN18, NI COS, NI KIGYO NI EARN ブルームバーグ記者執筆記事 NI BNSTAFF 日本語トップニュース NI TOPJ

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE